重要なお知らせエリアを非表示

Hibikism

Hibikism 響き で 描く  By playing the piano
響き を 描く  By drawing a picture

About ― Hibikismについて ―

心に響く 倍音豊かな響き
空間に描かれる 色彩豊かな響き
音楽において最も重要な要素の一つである「響き」

情景・色・感情・精神・・・

ピアノの演奏と 絵を描くことを通して
曲のイメージ 響きに宿るものを表現する

それが Hibikism
 

Feature
01 『Hibikism』のはじまり
02 ピアノ演奏〈CD〉
03 絵〈色鉛筆画〉

  • 01

    『Hibikism』のはじまり


    ある時、私の家に掛かっている絵を見て、あるイギリス人の方が言いました。
    「これは誰が何を描いたものですか?」
    私は答えました。
    「これは随分前に私が描いた絵で、ドビュッシーの『月の光』という曲を
    イメージしたものです。」
    するとその方は、
    「この絵を自分のオフィスに飾りたい。
    そしてその『月の光』の演奏も録音して欲しい。」
    と言いました。

    このことがきっかけとなり、
    『Hibikism Vol.Ⅰ』が生まれました。

  • 02

    ピアノ演奏〈CD〉

    ******************
    Erikaの音楽は 宇宙の神秘だ!
    一音たりとも落ちることなく
    昇っていく響き

    ******************

    『「響き」に革命を起こすロシアピアニズム』 著者 大野眞嗣先生より


    ―『Hibikism Vol.Ⅰ』 収録曲 ―
    ■月の光 / ドビュッシー
    ■ノクターン(夜想曲)第8番 Op.27-2 / ショパン

    どちらも「Des-dur(変ニ長調)」。
    そして「夜」という共通点のある2曲。

    静まりかえった夜に リラックスして穏やかなひと時を・・・
  • 03

    絵 〈色鉛筆画〉

    ****************
    ジークレー印刷により原画を高品質に再現。
    (版画の技法を進化させたデジタル版の版画技術)
    ****************


    『月の光 / ドビュッシー』
    黒画用紙に色鉛筆で色を薄く重ねながら描いています。
    原画の黒画用紙の風合いや色鉛筆で描き出す微妙な表情をジークレー印刷により高品質に再現しています。

    音楽は時間とともに流れていくもの。
    演奏中に次々と浮かび来る情景や色、その立体的な世界を、
    曲全体のイメージを保ちつつ1枚の絵として表現しています。
PickUpエリアを非表示
ブログエリアを非表示